100歳まで歩く

-自分らしく生きつづけるために-

65歳以上の高齢者人口は2005年の2,500万人から2020年には3,500万人になり、
高齢化率は30%になると推計されています。
しかし、寝たきりでは長く生きても
楽しくないと利用者様からよく聞きます。
いくつになっても元気で生き生きと
生活していきたい。
エバーウォークでは一般的に言われてる
平均寿命ではなく、「健康寿命」に着目して
墨田区を中心に介護保険を利用したデイサービスを運営しています。


3つの特徴

リハビリテーションの専門家が常駐

自立した日常生活が送れるよう支援する医学的リハビリテーション専門職の国家資格者です。
理学療法士が対象者ひとりひとりについて医学的・社会的視点から身体能力や生活環境等を十分に評価し、
それぞれの目標に向けて適切なプログラムを作成します。
エバーウォークでは理学療法士が各施設2名以上常駐しています。
これは墨田区内の介護保険を利用したデイサービスの中でも多いです。
理学療法士が常駐していることで、より専門的なリハビリや運動を行うことができます。

3時間で効率的な運動を実施

午前、または午後の半日(3時間)滞在で集中的に運動をしていきます。
一日縛られることがないため、メリハリのある一日を過ごすことができます。
余った時間で墨田区の歌教室に行ったり、趣味に時間を有効活用する方もいます。

歩行の改善にこだわった運動プログラム

エバーウォークでは墨田区内のデイサービスの中でも、特に『歩行』に注目したアプローチをします。
歩行は日常生活で必要な動作というだけではなく、心身の健康を維持・改善するためにも大変重要な動作です。
歩行は、様々な要素から成り立つため、単なる筋力トレーニングのみでは歩行の改善は図れません。
全身の筋肉や関節、それを制御する神経系や心肺機能など、
様々な機能を熟知した理学療法士が個別にアプローチするため、
より効率的に歩行能力を改善することが期待できます。


こんな方にオススメ

  • まっすぐ美しく歩きたい方
  • 膝・腰に慢性的な痛みを抱えている方
  • ずっと歩き続けたい方
  • 最近転倒回数が増えている方
  • 病院のリハビリが終了してしまった方
  • 膝・腰に慢性的な痛みを抱えている方
  • 脳卒中後の麻痺のリハビリが必要な方
  • 生活習慣病のリハビリが必要な方

1日の流れ

-利用の流れ(3時間)-

1クール30分ほどの運動メニューを
休憩をはさみながら計3クール繰り返します。
※体調、疾患によって運動量を調整します。

  • ① 送迎
  • ② 体調チェック
  • ③ 準備体操
  • ④ 個別運動
  • ⑤ クールダウン&帰りの送迎
スタッフがエバーウォーク専用車でお迎えに行きます。車椅子や歩行器の方も安心して乗車できるようサポート致します。
血圧、脈拍、聴診、体温、調子などをお伺いし、その時に合った運動プログラムを作成させていただきます。
怪我の防止はもちろんのこと運動効果の向上を目的としたエバーウォークオリジナルの運動を行います。
セラピストが対象者ひとりひとりについて医学的・社会的視点から身体能力や生活環境等を十分に評価し、それぞれの目標にあったエクササイズを指導します。目的にあった運動をすることで効率よく、個別に不足している能力を向上することができます。
運動が全て終了したら、最後にバイタルを測定して、皆様のご家庭に車でお送り致します。

どんな運動をするの?

  • 歩行訓練
  • 筋力トレーニング
  • 疾患別リハビリテーション
  • 日常生活動作訓練
  • 道具&機器を使ったリハビリテーション

歩行に必要な筋力、コツを個々に合わせて実施

トレッドミル、平行棒などを使用して、歩行に必要な足腰を鍛えます。ただ鍛えるだけでなく、歩行時の障害となる膝の痛みやふらつきに対しても、専門家が原因を評価しながら適切なアドバイスをしていきます。

ただ鍛えるだけでなく、”使える”筋肉をつける

健康的な生活を送るにはやはり、十分な筋肉量が必要です。しかし、ただ鍛えるだけでは不十分です。機能的な身体機能を得るためにその人にあった効率的なトレーニング方法を提案していきます。

様々な疾患の特徴に合わせたリハビリテーションを実施

理学療法士が個別にアプローチ致します。専門的な評価をもとに個々人に合わせた徒手療法やエクササイズを実施致します。完全マンツーマン制なのでより質の高いリハビリを受けることができます。

日常で困っている動作を専門的にトレーニング

『肩が上がらないから洗濯干しができない』、『膝が痛くて階段が降りれない』、『指が不自由でお箸が持てない』など、体の不自由が原因でこれらの日常生活動作に悩みを持っている方は多くいます。エバーウォークでは皆様が持っている様々な悩みや希望に合わせてリハビリメニューを実施していきます。

様々なニーズに対して、適切な道具を使用

フィットネス振動マシン、バランスボール、ストレッチポール、エルゴメーターなどエバーウォークには様々なトレーニング道具が揃っています。効率の良い運動の為に、最適な道具を使った運動を提案していきます。

店舗情報

   エバーウォーク 両国店

開設事業 通所介護(歩行訓練特化型デイサービス)
住所 東京都墨田区石原3-27−10 原田ビル1階
電話番号 03-5637-8218
FAX番号 03-5637-8219
営業日 月曜日~金曜日 ※祝日営業
サービス時間 3時間滞在
事業内容 通常規模型歩行リハビリデイサービス
理学療法士4名、看護師1名勤務
事業所番号 No.1370805374

   エバーウォーク 墨田店

開設事業 通所介護(歩行訓練特化型デイサービス)
住所 東京都墨田区京島1丁目25番地4号 曳舟ダイヤモンドマンション104号室B
電話番号 03-6231-9929
FAX番号 03-6231-9937
営業日 月曜日~金曜日 ※祝日営業
サービス時間 3時間滞在
事業内容 地域密着型歩行リハビリデイサービス
理学療法士2名、看護師1名勤務
事業所番号 No.1370703801

   エバーウォーク 東向島店

開設事業 通所介護(歩行訓練特化型デイサービス)
住所 東京都墨田区東向島6-60-6 T’Zビル1階
電話番号 03-6231-9539
FAX番号 03-6231-9567
営業日 月曜日~金曜日 ※祝日営業
サービス時間 3時間滞在
事業内容 地域密着型歩行リハビリデイサービス
理学療法士3人勤務
事業所番号 No.1370704031

よくある質問
(利用者様)

  • 病気・疾患について
  • 見学について
  • 対象者について
  • 介護保険について
  • 食事・風呂について
  • 利用回数について
  • 利用時間について
  • 理学療法士・看護師について
  • 送迎範囲について
  • 徒歩利用について
  • 服装、持ち物について
  • リハビリ機器、道具について
  • 男女比について

Q.どのような方が利用されているのですか?

A.様々な病気・疾患を抱えた方がご利用されています。
【当施設利用者で多い疾患TOP5】

【その他】
心臓疾患(慢性心不全など)/呼吸器疾患(慢性閉塞性肺疾患など)/関節リウマチ/筋萎縮性側索硬化症/体力低下(廃用症候群など)/骨粗鬆症/水頭症/人工関節置換術/アルツハイマー認知症/腎障害など

Q.見学はできますか?

A.いつでも可能です。一度、お問い合わせください。

Q.だれでも通えますか?

A.要支援1~要介護2の方が中心にご利用頂いておりますが、介護保険をお持ちのすべての方を対象にサービスを行っております。

Q.介護保険の申請方法を教えてください。

A.お住まいの福祉窓口(地域包括センター・区役所)に電話でお問い合わせ下さい。
【参考サイト】
墨田区公式ウェブサイト

Q.食事やお風呂はありますか?

A.こちらではお食事・お風呂のご提供はしておりません。

Q.週何回通えますか?

A.基本的な制限はございません。
目安ですが要支援1の方は週1回、要支援2以上の方は週2回でご案内させていただいております。

Q.利用時間は

A.3時間15分の歩行訓練特化型デイサービスです。
午前は9時から12時15分、午後は13時45分から17時となります。

Q.理学療法士・看護師はいますか?

A.理学療法士は全店舗に勤務しています。
東向島店のみ看護師がいません。

Q.送迎範囲を教えてください

A.墨田区全域です。店舗によって対応エリアが異なりますので以下を参照ください。

【送迎エリア】
エバーウォーク墨田
墨田区(京島、押上、文化、立花、業平、東駒形、本所)

エバーウォーク東向島
墨田区(東向島、向島、堤通、吾妻橋、墨田、八広、東墨田)

エバーウォーク両国
墨田区(業平、東駒形、本所、横川、太平、石原、錦糸、亀沢、横綱、両国、緑、江東橋、千歳、立川、菊川)
江東区(森下、新大橋、常盤、猿江、毛利)

Q.家が近いので、直接行ってもいいですか?

A.基本的にはこちらで送迎させて頂きますが、ご本人様、ご家族様、ケアマネージャー様の了承を頂ければ可能です。

Q.どんな服装で行けばいいですか?

A.運動しやすい格好であれば、普段着でもご参加いただけます。
また、特に持ち物は必要ありません。

Q.施設にはどのような機器や道具がありますか?

A.エルゴメーター、トレッドミル、平行棒、バランスボール、ゴムチューブ、ストレッチポール、ヨガマット、握力器、フィットネス振動マシンなど、リハビリに必要な道具や機器が揃っています。
※店舗ごとに機器の数や種類が異なります。

Q.男女比はどれくらいですか?

全店舗の男女比データ


よくある質問
(ケアマネージャー様)

  • 加算について
  • 個別プログラムについて
  • リハビリについて
  • 総合事業について

Q,加算はつきますか?

A.当施設では以下のようになっております。
【事業対象者・要支援の方】
・運動器機能向上加算
・処遇改善加算Ⅰ

【要介護の方】
・地域通所介護Ⅰ 
・処遇改善加算Ⅰ
・個別機能訓練加算Ⅰ・Ⅱ

Q.個別プログラムはありますか?

A.理学療法士が3名勤務していますので一人一人の抱えている問題や希望により内容が異なります。
そのため個別プログラムをご提供させていただいております。

Q.どのようなリハビリをしますか?

A.歩行に特化したデイサービスのため歩行に関するリハビリテーションや予防リハビリテーションを個別に提供させていただきます。
筋トレマシーンなどの特殊な機器ではなく自重を利用したトレーニングが中心となります。

Q.総合事業について教えて下さい

A.区独自基準サービス(通所サービスA)は両国店にて江東区独自基準サービスのみ行っております。
※墨田区では区独自基準サービスではなく、現行相当サービスを行っております。

PAGE TOP